いぼの切除手術を受けたいなら|保険適用可能な施術がお勧め

大きさによって治療方法も

医者

大きな問題は老人性にあり

ある日、鏡を覗いてみると、首の付け根などのいぼが出来てしまっていた、と言う経験を持つ人も多いのではないでしょうか。このいぼ、部位を選ぶことなく出来てしまうので、非常に迷惑なものと感じることになるはずです。そして困るのは、その出来た原因が判からないことが多いと言うことです。一般的に、不潔にしていると出来やすいと言われるのですが、実際には皮膚が弱くなり、免疫力が下がった場所に出来るものと言われます。そのため、清潔に保つことは当然としても、より健康的な暮らしをすることも、いぼを予防する方法にもなって来ます。この出来たいぼ、2種類に分けることが出来ます。一つは、ウィルス性のものであり、もう一つは老人性のいぼとなります。ウィルスが原因で出来たいぼは、ヒトパピローマウィルスやモルシボックスウイルスと言われ、傷口から皮膚に入り感染することで、表面に出て来るものになります。そして老人性と言われるものは、大量の紫外線を浴びて来た身体が、皮膚の老化が加わったことで出来るものとなります。そのため普段から露出されている部分に出来ることになる訳です。これらいぼには、親いぼと呼ばれるものがあり、この親を退治するまでは子いぼを治療しても、完治しないことがあり、注意が必要とされています。この治療には、自宅でも行うことが出来ますが、薬だけの治療では、いつまも完治しない場合もあります。その時は、早めに病院へ行き手術などを行い、取り除く方法が良いとされています。いぼの除去には、皮膚科へ通うことになります。病院へ行き、医師と除去方法を相談することになるのですが、この時老人性と言われるものは、数ミリと言う目立つ大きさになってしまうことが多くなります。この場合、液体窒素や炭酸ガスレーザーで除去する方法では難く、患部に麻酔を打ち、手術で切除する方法が取られることが多くなります。小さな場合、炭酸ガスレーザー治療などを行うことが多くなりますが、この治療方法は、保険適応外自費診療となっています。そのため病院へ行き、手術や治療を受けるに当たっても、保険が適用されないこともありますので、医師との打ち合わせをキチンと行うことが大事になります。そして最終的に手術が良いと言われる理由には、根元までしっかり切除することが出来、再発を防ぐことが出来ることにあります。また技術も進んでいることもあり、術後の痕が残りにくいと言う良さも控えています。当初、痛みは多少残りますが、数日でその痛みも消えて行きますので、心配する必要もありません。

Back to Top