いぼの切除手術を受けたいなら|保険適用可能な施術がお勧め

局部麻酔で痛みは少ない

カウンセリング

メスや電気メスによる施術

首や胸元、目元などにできる老人性のいぼは、直径が2?から、3?前後の小さいものが多いですが、5?以上の大きなイボが出来る可能性があります。サイズが大きく、盛り上がっている場合は、自分で切ってしまうと、出血をしてしまい、傷跡が残る原因になるので、避ける必要があります。まずは美容皮膚科や美容外科の医師に相談することが大事です。比較的小さいいぼの場合は、液体窒素による除去を行うのが一般的ですが、サイズが大きい場合は、充分な効果が出にくい場合があります。大きめのサイズの場合は、局所麻酔を行い、メスや電気メスを使用して切除を行い、縫合する手術を行います。イボの手術は保険適用が受けられるので、費用もそれほど高額ではなく、安心して治療が受けられます。首や胸元に目立つ角質粒があると、年齢よりも老けた印象を与えてしまいますし、首や胸元が開いたファッションを楽しめなくなるので、コンプレックスを持たれている人がほとんどです。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、高い技術を持った医師が在籍をしているので、なるべく痛みや出血の少ない治療を心掛けています。なるべく傷跡が残らないように、丁寧に縫合をしてくれるので、安心して治療が受けられます。イボは30代後半から、40代以降の年代に多い傾向がありますが、出来やすい体質を遺伝している場合は、若い20代の人も見られる場合があります。首や胸元にボツボツがあったり、皮膚が盛り上がっていたりすると、見た目の印象が良くないので、まずは診察をしてもらいましょう。比較的小さいいぼの場合は、手術が必要ないケースも多いので、皮膚の形状に合った治療法を提案してくれます。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、いぼの除去手術は大変ポピュラーになっており、安全性の高い治療なので、幅広い年代の人が施術を受けています。イボの切除手術を受けた後は、皮膚を濡らさないように注意をする必要がありますが、一週間から、10日ぐらいを経過すると、少しずつ皮膚の状態が良くなってきます。なるべく傷跡を残さずにきれいな仕上がりにしたい人は、専門的な知識を持っている医師が在籍をしており、症例数の多い美容外科や美容皮膚科を選ぶ必要があります。事前に電話で予約を入れておくと、丁寧な診察やカウンセリングを受けられるので、不安や悩みを相談して下さい。現代は医療技術が向上しているので、縫合をした後は、皮膚の状態がきれいになり、仕上がりも美しいのが特徴です。

Back to Top