いぼの切除手術を受けたいなら|保険適用可能な施術がお勧め

医者

大きさによって治療方法も

大きないぼとか特殊な個所に出来てしまったいぼは、薬などの治療では完治がしずらい場合が多くなっています。そのため完治をするために手術をすることがベストな方法で、再発防止にも役立つものとなっています。医師と相談しての治療をお薦めします。

Read More

カウンセリング

局部麻酔で痛みは少ない

老人性のいぼは、直径が2?から、3?前後の小さいものが多いですが、5?以上の大きなサイズのいぼが出来る可能性があります。液体窒素の治療では効果が出にくいので、美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、電気メスやメスによる手術が受けられます。

Read More

保険の適用と適用外

ウーマン

大きく値段が異なる

病院に足を運び何かしらの治療をする場合、必ず治療費というものが発生します。基本的には保険が適用され、利用者は3割負担で支払えばよいということは、日本では共通の認識となっています。しかし、場合によっては、自由診療ということで、この保険が適用されない治療も存在することも。例えば、認可されていない薬を使用するなど。10割負担となるため、長期治療になればなるほど、費用的な負担が高くなってしまいます。さて、いぼの手術の場合は、この保険が適用されるのかと気になるところ。いぼの手術は、レーザー照射で焼き切ったり、電気メスで焼き切ったり、そして液体窒素で切除したり。色々な方法があります。もちろん、薬の処方などいぼの手術以外の治療方法も存在します。結論から言うと、レーザー照射は保険適用外、電気メスは保険適用、液体窒素も保険適用となります。気になる費用は、レーザー照射は1箇所で1万円前後、電気メス、液体窒素は1,000円程度です。この費用から分かる通り、非常に大きな隔たりがあることに驚いてしまいます。値段重視であれば、当然、いぼの手術は、電気メス、液体窒素の何れかの選択肢になることは言うまでもありません。しかし、それでも高い費用を払ってでも、レーザーでの切除を望む人が非常に多い状況です。一体、何故なのか。答えは至極単純で、痛みが少なく、さらに肌に対する負担も軽いということが挙げられるからです。ここで紹介した3つの治療法、各々にメリットとデメリットが当然あります。電気メスや液体窒素のメリットは、費用が安いということは、先程の説明でご理解いただけたかと。では、デメリットは何か。強い痛みと、色素沈着の危険性があるということ。皮膚科の中には、電気メスや液体窒素で治療をするとき、麻酔をして施術するケースも。それくらい前準備をしないといけないぐらいの痛みがあると理解していただければ結構です。ともあれ、費用に関しては、上記で説明をした通りです。伝えたいことは、この費用だけで病院選びをするのではなく、しっかりとメリットとデメリットを踏まえて熟考するということ。費用を中心にお話をしてしまいましたが、病院にも一般的な皮膚科、そして美容整形外科、さらには美容皮膚科も存在します。まずはここからで、自分自身が何処に重きをおくのかで出る結論は、いうまでもなく変わってきます。繰り返しになりますが、費用は最重要ではありますが、費用に振り回されないような病院選び、そして治療法選びをしてください。

顔を触る人

どの病院に行くか

いぼ手術は炭酸ガスレーザーや液体窒素を利用する方法、さらにメスで切除する方法があり、いぼのサイズで手術法は変わります。病院によっても受けられる手術法が変わってくる為、治療内容、評判等を予め調べ、適した治療を行っている病院を選びます。

Read More

カウンセリング

放っておかないことです

悩みの種となっているいぼなどを解消するときには、皮膚科によって手術をしてもらうことがベストです。手術方法には種類があり、自分の状態を考えた手術方法を選択をすることですぐに取ることができるのも大きなメリットです。

Read More

Back to Top