受験シーズン。人事を尽くして天命を待つ!

受験戦争という造語が流行っているように、受験はまさに戦争です。
悪い言い方かもしれませんが、誰かを蹴落とし、自分だけが勝ち残る、これが受験の真理です。
昨今の日本社会は学歴に重きを置く、学歴社会でもあり、どの大学で勉強をしたかということが重要視されています。
より良い大学に入学できれば、その分就職活動にも有利に働く。
そして有名企業へ入社できれば人生を保証されたのも同然となります。

勉学に励み研鑽を積むのには少々失礼な動機かもしれませんが、これは誰もが考えていることであり、仕方のないことでもあります。
本来ならば勉学に対して強い関心があることが、勉強をする動機であるべきですが、それは理想論であり、必ずしも誰もがこうあれるわけではありません。
ですが、このことは恥じるべきことでもありません。
なぜならば、この動機が造り上げている社会が現在でも優秀な社会であることに変わりは無いからです。
嫌々ながらも勉学に励むことは、日本人ならではの勤勉さが身に付く良い機会でもあるのです。

受験シーズンまでに勉強を頑張った方は、これから行われる試験に対して不安を抱えていることでしょう。
なにせ自らの将来がかかっているわけですので、プレッシャーがかかって当然です。
不安で仕方ないと思っているあなたに、この言葉を贈りたいと思います。
「人事を尽くして天命を待つ」やれる努力は全て行ったのならば、後は運を天に任せるしかありません。
落ち着いて試験を受けてきてください。



[Special Link]
受験対策が得意なプロの家庭教師を紹介してくれる会社です ⇒ 家庭教師 紹介